【リアル絵ラジオ(第3回)】モチベーションがあがらない日はどうすればいい?

第003回_モチベーションがあがらない日はどうすればいい?

いつものご挨拶

こんにちはタケポンです。

絵を描いている時間って、自分を見つめる
ことができる贅沢な時間なんですよね。

そういった感覚を多くの人に感じて欲しい
ということで、リアル絵の描き方、具体的には
 ・目の描き方
 ・髪の毛の描き方
 ・唇の描き方
 ・手の描き方
とかの質問の多いものについてのコツなんかを、
youtube チャンネルとかブログ運営、
そういったものを通じて日々情報発信を
しています。

ラジオにも少し慣れてきましたよ

で、今回は3回目っていうことでね。

まあ少しずつ慣れてきてはいるんですけども
やっぱり、まだマイクに向かうとちょっと
緊張するんですよね。

緊張が皆さんにも伝わっちゃってるかもですが、
温かい目でお付き合いください。

やる気が起きないことって誰でもあるよね

どうしても、やる気が起きないことって
皆さんありますよね。

もちろん、僕もありますよ。

毎日、
 「絵を描かないといけないなぁ」
とは思ってるんですけれども、
 (今日は気分乗らないな。。。)
っていう日はどうしてもあるんです。

サボると、自分の手が他人の手に変わる?

でも、気分が乗らないからといってもね。

例えば、僕が描いている『リアル絵』って
いうのは、
 1枚の作品を、20時間とか30時間とか
 かけて描いていく絵
なので、まあ一日では当然終わらない
わけですよね。

半月とか、長ければ1か月ぐらいかけて
1枚の絵を描いていくなんてことも
よくあるわけなんです。

けれども、そういうときに
 一日、間を空けてしまうと、2日前に
 どんな感じで手を動かしていたのか?
ってのわかんなくなるんですよね。

まるで、
 別人の手になったような感覚
になってくるんです。

なんで2日、3日って、間が空いたら、
せっかくそこまで描いた絵っていうのも、
もう、途中から再スタートするというのは
すごい難しくなってくるわけです。

なので、
 やっぱり毎日続けるっていうのは
 大事だなぁ
って、そういうときに思わされるわけですね。

TAKEPON流のモチベーションの上げ方

でも、じゃあ、
 どうしてもモチベーションが上がらない
 やる気が起こらない日
こういう日の対処方法。

僕がやっている方法っていうのは
 タイマーを使う
ことですね。
3分間タイマーをかけるんです。

タイマーのスイッチを『ON!』ってスタート
させたら、もう即座に描き始めないといけない。

まぁ、背中を押されて描き始めるわけ
なんですよね。

で、3分なんていうのは結構、描き始めちゃえば
すぐに、あっという間に過ぎちゃうわけなんで、
 「あぁ、手がようやく動き始めた」
と思った頃にピピピッてタイマーが鳴るわけです。

そうすると、
 ああ、せっかくだからもう少し描きたいなぁ
って気分になってくるんですね。

そうしたら、
 今度は10分とかタイマーをかけて…
って、繰り返してやっていくうちに、
気がつくと30分とか1時間とか、絵を描いて
いられるようになってくるわけです。

寒い日の車のエンジンと同じだね。

要は、何ていうか、冬の寒い日なんかに
 車のエンジンが最初はなかなか回らないのが、
 だんだん温まってくると走りやすくなる
みたいなそんな感じです。

そんな感じで、自分の中の冷え固まった
エンジンをまずタイマーで動かしてあげて、
それでそっからスタートをしていく。

これ、オススメなやり方なので、ぜひ試して
みて欲しいなと思います。

で、これね。
勉強なんかでも使えると思うんですよ。

学生さんなら、勉強でも試してみて欲しい。

親御さんならお子さんに
 「試してみれば?」
と勧めてみてもらえればと思います。

いつもの〆のご挨拶

っていうわけでね。

今回はモチベーションが上がらない日は
どうしてるの?
っていうことについてお話をしてみました。

こんな感じでこれからもボチボチと
発信を続けて行きたいと思いますので
お付き合いの程宜しくお願いします。

タケポンでした。

またね!

最後まで読んでいただき
ありがとうございました

こちらの記事もオススメ


そうだ、
絵を描こう!

↓↓↓

リアル絵の描き方プレミアムレッスン

作者の「次もいい記事を書くぞ!スイッチ」はコチラ!
↓↓↓

この下のSNSボタンをポチッと押すと
お友達にこの記事を紹介をできます

SNSシェアのお願い画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です