【リアル絵ラジオ(第4回)】目標の設定のしかたはどうしてる?

第004回_目標の設定のしかたはどうしてる?
第004回_目標の設定のしかたはどうしてる?

いつものご挨拶

こんにちはタケポンです。

絵を描いている時間って、自分を見つめる
ことができる贅沢な時間なんですよね。

そういった感覚を多くの人に感じて欲しい
ということで、リアル絵の描き方、具体的には
 ・目の描き方
 ・髪の毛の描き方
 ・唇の描き方
 ・手の描き方
とかの質問の多いものについてのコツなんかを、
youtube チャンネルとかブログ運営、
そういったものを通じて日々情報発信を
しています。

汗かきながら収録中!

このラジオを収録するときは、外の雑音が
うるさいのでね。

窓閉め切ってやってるんですけど、これが
結構暑いんですよね。

この時期、まだエアコンを掃除してないって
いうことで、かなり暑い中で汗をかきながら
録音してます!

録音が終わって自分の音声を聞くと、
今度は嫌な汗をかいてきたりなんか
してるわけで。。

でもまあ、そんなこんなで、第4回ともなると
少しずつマイクに向かって収録するのにも
慣れてきたかな。

皆さんが温かい目で見守ってくれているお陰で
なんとかやってこれています。

自分の目標、どうやって決めてる?

今回は
 目標の設定の仕方
について、ちょっとお話をしたいかなと
思っています。

あなたは目標を設定するときに、
 「これならできる」
とか、
 「これはちょっと難しい」
とか、そういった形で目標を決めたり
してないかなっていうところですね。

大事なのはできるかどうかじゃないよね?

僕は、
 できるか、できないか
っていうのは、それは目標じゃないと思う
わけなんですね。

例えば、僕のこのラジオなんかでも、
 僕は喋るのはとっても苦手
で、
 ラジオをやるなんて、今までの人生で

 考えもしなかった
わけなんですが、でも「ヒマラヤ」っていう
ラジオのサービスを見たときに、なぜか
 「お、これ面白そうだな」
と思ったんですね。

て、次の瞬間に思ったのは、
 「やってみよう」
と。

 できるかできないか
じゃなくて、
 まぁ、やるかやらないかだな
っていうところで、
 まずやってみようかな
っていうことで始めたわけです。

やるって決めたら、あとは勝手に身体が動いてくれた

で、もうこれ、やり始めたら
 ・あ、面白そうだなと思った
 ・アカウントを登録した
 ・プロフィールを登録した
 ・コンテンツ録音した
と勢いがついて、
 30分後にはもう一本目を配信していた
という感じです。

こんな感じで、
 「やれるかやれないか」だけだったら
 わからなかった
というものが、実際に自分でやってみると、
 「あ、意外と喋れるな…」
っていうのを感じたりなんかもしたわけです。

この「TAKEPONラジオ」は、
 やれるからやってる
のではなくて、
 やってみたら、勝手に身体が動いた
だけのコンテンツなんですよ。

ラジオとしては未熟だけど、こうして今
あなたが読んでくれている。
これって、凄くないですか?

あなたもやればできる

あぁ、ティモンディ高岸さんみたいなことを
書いてしまいました。

今回の話では、これから先あなたが
 何かを始めたいな
と思ったときには
 やれるかやれないかで
 判断しないで欲しい

というお話をお伝えしたかったわけです。

目標はでっかくしよう

目標を設定するときには、例えばでっかい
目標を立てちゃうといいですね。

月に10万円稼ぎたいなと思ったら、
 「じゃあ月に1000万円稼いでやろう」
と思ってやったら、その目標の100分の1だけ
達成すれば10万円稼げるじゃないですか。

大きい目標を持っていると、ある程度の目標
っていうのは達成しやすくなってくるって
わけですね。

いつもの〆のご挨拶

ーーーーーーーーー+ーーーーーーーーー+

っていうわけでね。

今回は、
 目標の設定の仕方
についてお話をしてきました。

こんな感じでこれからもボチボチと
発信を続けて行きたいと思いますので
お付き合いの程宜しくお願いします。

タケポンでした。

またね!

最後まで読んでいただき
ありがとうございました

こちらの記事もオススメ


そうだ、
絵を描こう!

↓↓↓

リアル絵の描き方プレミアムレッスン

作者の「次もいい記事を書くぞ!スイッチ」はコチラ!
↓↓↓

この下のSNSボタンをポチッと押すと
お友達にこの記事を紹介をできます

SNSシェアのお願い画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です