【リアル絵ラジオ(第9回)】はじまりは終わりから始まっている

第009回_はじまりは終わりから始まっている
第009回_はじまりは終わりから始まっている

いつものご挨拶

こんにちはタケポンです。

絵を描いている時間って、自分を見つめる
ことができる贅沢な時間なんですよね。

そういった感覚を多くの人に感じて欲しい
ということで、リアル絵の描き方、具体的には
 ・目の描き方
 ・髪の毛の描き方
 ・唇の描き方
 ・手の描き方
とかの質問の多いものについてのコツなんかを、
youtube チャンネルとかブログ運営、
そういったものを通じて日々情報発信を
しています。

始まりは終わりから始まっている

今回は、
 「始まりは終わりから始まっている」
っていう話をしたいと思います。

始まりは終わりから始まっているって、
なんか「とんち」みたいな感じなんです
けれども。

まずは「とりあえず」を封印しよう

よくね。
家に帰ってきて、いくら絵が好きな人でも、
❌「今日はあんまり描く気がしないなぁ 」
とりあえずテレビつけちゃう
とりあえずゲーム始めちゃう
とかね。

もうその「とりあえず、とりあえず」のせいで
 気づいたら絵を描く時間がなくなっちゃって
なんてこと、僕もよくあります。

これを無くすためにはどうしたらいいのかって
考えると「とりあえず」の、その
 テレビをつけれないようにしちゃえばいい
と思うんですよね。

◎リモコンを片付けちゃうとか。
◎ゲームだったらゲームスマホに入れてなきゃいい。
◎スマホをどこかに隠しちゃうとか。
◎漫画はどっか違う部屋に片付けちゃうとかね。

そんな感じで、その「とりあえず」ができない
ような環境にしちゃえば、もう
 「あ、絵を描こう」
っていうふうになるわけですね。

絵にとりかかりやすい環境を作ろう

で、じゃあその
 「絵を描くためにはどうするのか」
っていうと、その前回で
 絵を描き終わったときに、
 次の絵を描く準備をしちゃう
んですね。

次の日になって家に帰ってきたら
 パッと部屋を見ると、もうお絵描きの
 環境が自分のことを待っている
んですよ。

お絵描き机が
 おかえり~。
 早く、このペンを取って描き始めてくれ
みたいな感じで。

もうそれ以外は一切目に入らない。

もう、お絵描き環境、紙と鉛筆とペン、
それしかもう目に入らないっていう状態に
しておけば
 「あ、やるか」
っていうふうになるわけですね。

なので、この次をやるときのために、
 終わりのタイミングで準備をしておく
これが大事になってくるわけですね。

で、これをひと言で言うと、
 「始まりは終わりから始まっている」
ということですね。

いつもの〆のご挨拶

っていうわけでね。

今回は、
 始まりは終わりから始まっている
というお話をしました。

作品を制作する環境が整うと
 気持ちが整う ⇒ 作品の完成度が上がる
と、良いスパイラルが生まれます。

ぜひ一度、試してみてくださいね。

こんな感じでこれからもボチボチと
発信を続けて行きたいと思いますので
お付き合いの程宜しくお願いします。

タケポンでした。

またね!

最後まで読んでいただき
ありがとうございました

こちらの記事もオススメ


そうだ、
絵を描こう!

↓↓↓

リアル絵の描き方プレミアムレッスン

作者の「次もいい記事を書くぞ!スイッチ」はコチラ!
↓↓↓

この下のSNSボタンをポチッと押すと
お友達にこの記事を紹介をできます

SNSシェアのお願い画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です