【リアル絵ラジオ(第27回)】雨の日に思うこと

第027回_雨の日に思うこと
第027回_雨の日に思うこと

いつものご挨拶

こんにちはタケポンです。

絵を描いている時間って、自分を見つめる
ことができる贅沢な時間なんですよね。

そういった感覚を多くの人に感じて欲しい
ということで、リアル絵の描き方、具体的には
 ・目の描き方
 ・髪の毛の描き方
 ・唇の描き方
 ・手の描き方

とかの質問の多いものについてのコツなんかを、
youtube チャンネルとかブログ運営、
そういったものを通じて日々情報発信を
しています。

雨の日に思う事

雨水が飲料水になる全自動システム...すごいよね?

で、今回の話は
 「雨の日に思う事」
っていうことをお話ししたいと思います。

今日ね。
ぼくが住んでいるところでも雨が降ってます。

で、朝から
 雨の中ちょっと散歩でもしてみようかな
と、気持ちいいかなと思って散歩してみていた
んですけれども。

そのとき、「ふっ」と思ったんですよ。

雨水あるじゃないですか。

あれがドブを流れて下水道から貯水池に行って、
それで巡り巡って僕らの飲み水になっているんだと。

これ、もの凄い
 自動化の、全自動のシステムだなぁ
と思ってね。

こんな感じで、僕の銀行口座とかにもどんどん
全自動でお金が入ってくれたらいいのになぁ、
とかしょうもないことを色々思ってて。

顔を上げて景色を見よう。そこは絵のモチーフの宝庫だよ。

で、ハッと気づいたんですよ。

 あれ、今、自分は
 下を向いて歩いているじゃん


みたいな感じでね。

これはイカンなと思って顔を上げたんですね。

そしたら、目の前にはもう
 いろんな看板が広がっているんだなぁ
ということをふと思ったんです。

看板見ると、
 いろんな人がこれ一生懸命考えたんだろうなぁ
っていうデザインがいっぱいあったんです。


■例えば、
  目医者さんの看板なんかはウサギが眼帯
 をしてるんですよ。
 なんでウサギかよくわからないんですけど、
 ウサギさんが眼帯してるんです。


■接骨院の看板を見たら、
  力こぶのマークなっている
 んですよね。

 もう、こんなの
  「絶対ここの整骨院の先生、
   昔は柔道とかやってただろう!」

 みたいなね。


■メディカルステーションのロゴを見たら
  よく見ると黄色で十字のデザインが
  入ってる
 んですよ。

 そう言えば、
  「赤十字」のマークって、
  法律で認められている組織以外では
  デザインに使えない

 って知ってました?

 だから、「赤」はダメだけど、
 十字のイメージだけ使ったんでしょうね。


こんな感じで、いろいろな「気づき」が
ありました。


で、そこからね。今度は
 道端に立ってる木
に目を向けたんです。

そうすると、絵のテーマとしてね。
木の枝とか葉っぱとかそういうのって
よくモチーフにするじゃないですか。

だからどんな枝振りなんだろうなぁと思って
木を観察してみたら、いろんな枝振りの木が
あるんですよね。

もう、自分がイメージしてるままの、
もうこれこそ、
 ・ザ・木の枝みたいな枝とか
 ・もうちょっと元気出せよーみたいなのとか
 ・これ通行の邪魔になるからって
  切られちゃったんだなぁみたいな
  ちょっと悲しそうなヤツとか

あとは、電線がね。
 ・木に乗っかっちゃってて、迷惑そうな感じで
  立っている木とか

いろんなヤツがいたんですね。

こうやって世の中見渡してみると
 「これ、絵のネタの宝庫だなぁ」
 「こんなに自分の周りには、
  絵につながる世界が広がってたんだな」

って、それこそちょっと世の中の見かたを変える
だけで、全自動で自分に絵のネタが集まってくる
んじゃないかってふっと思ったですよね。

いつもの〆のご挨拶

っていうわけでね。

今回は、
 雨の日に思う事
っていうことでね。

この記事を読んでくれているみんなにも、
 下を向かずに前を向いて
 いろいろちょっと気づきのネタを
 観察する生活

に変えて見てもらえたらいいかなと
思ってお話ししました。

そこには、
 スマホを見ながらイヤホンしていたら
 もったいなさ過ぎる世界
が広がっているはずです。


こんな感じでこれからもボチボチと
発信を続けて行きたいと思いますので
お付き合いの程宜しくお願いします。

タケポンでした。

またね!

最後まで読んでいただき
ありがとうございました

こちらの記事もオススメ


そうだ、
絵を描こう!

↓↓↓

リアル絵の描き方プレミアムレッスン

作者の「次もいい記事を書くぞ!スイッチ」はコチラ!
↓↓↓

この下のSNSボタンをポチッと押すと
お友達にこの記事を紹介をできます

SNSシェアのお願い画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です